糖尿病

怖い糖尿病の合併症

 糖尿病になると怖いのは、合併症を引き起こすからです。3年以上たってから出てくるといわれる合併症ですが、特定部位である神経、目、腎臓など、非常に細かい血管が密集した臓器を、少しずつむしばんでいきます。例えば、腎臓には、糸のように細かい血管が集まっており、血糖値が高いと、この細い血管が切れたり詰まったりして、腎臓機能が障害されます。「糖尿病細小血管障害」と言われています。 怖い糖尿病の合併症


「糖尿病」数値が減少

 血糖値の高い状態が長く続くと、さまざまな臓器の細胞がダメージを受けます。初期は自覚症状がなく、血糖値が高くても放置する人が多いようです。その結果、症状が悪化し、合併症を引き起こしてしまいます。 「糖尿病」数値が減少


糖尿病

 発症年齢が30代に下がっていると言われる糖尿病。最近では子供の過食、肥満、運動不足による糖尿病発症も心配されています。検査で初めて血糖値が高いことが分かり、食事の管理指導や運動療法などで血糖コントロールの値をチェックしていきますが、そのたびに数値が気になって、ストレスになっている方も多いようです。生活の質を変えて、安心できる値に戻ればよいのですが、努力をしてもインスリンの動きが低下したまま、高血糖が続くと、そのまま放置するわけにはいきません。 糖尿病