受験生のインフルエンザ予防対策

いよいよ受験シーズン。

受験生を持つご家庭では、インフルエンザにかからないよう、こまめにうがいや手洗いをして家族みんなが気を使います。

毎年、受験生を持つお母様から「かぜを予防する“板藍(ばんらん)茶”を」とのご用命があります。

“板藍茶”は、抗ウィルス作用や抗炎症作用がある板藍根のエキスを顆粒状にして、1回分ずつ包装したハーブティーです。眠くなることはありませんし、受験生から、小さいお子様や年齢の高い方まで、お湯に溶かして手軽に飲んでいただけます。

漢方の抗生物質と言われ、中国では家庭の常備薬として有名で、日本でも発売されてからは、よく効くことから多くの方に愛飲されています。

抗生物質は、細菌による炎症や熱に対しては有効でも、インフルエンザのようなウィルス性のものには効果がないのは、一般的に知られるようになっています。

それでも抗生物質を処方され、飲むとかえって具合が悪くなるという方も少なくありません。

「これを飲んでから風邪を引かなくなったわ。ちょっとおかしいかなっていうときに飲めば、それで良くなっちゃうから本当に有難いわ」「「何カ月も咳が止まらず往生していたが、板藍茶と板藍のど飴を服用したところ、2日でピタッと止まりました」とたくさんの方に嬉しいお声をいただいております。

体が温まる野菜たっぷりの食事をいただき、部屋を乾燥させないように環境を整え、受験当日はしかっり実力を発揮してほしいと祈ります。

“板藍のど飴“は、外出先での乾燥した場所で思わず咳が出た時に重宝ですので、ポケットには板藍のど飴をお忘れなく。

2014.10.13