生理不順

子宮筋腫とその養生

子宮筋腫の発生原因はあきらかではない、と言われていますが、エストロゲン(女性ホルモン)の働きによって発育することが知られています。女性ホルモンの分泌が活発な10代~50代の女性は子宮筋腫のリスクが高く、逆に閉経後に女性ホルモンが減少すると筋腫も小さくなることが知られています。筋腫があると、さまざまな症状が引き起こされ、生活の質を左右することに困り、ご相談が多いカテゴリーの一つです。 子宮筋腫とその養生


月経前がつらい

 「月経前になると、イライラしたり、気持ちが落ち込んだり、また、以上に食欲が増してコントロールできない」などといった悩みを訴える方が目立ちます。月経前は、多くの女性が何らかの変調、不調を感じるものですが、その度合いが強くなると、むくみ、お腹の張りや痛み、偏頭痛などの身体症状や、気分の落ち込み、イライラ、強い倦怠感、集中力の低下や食欲の変化などの神経症状が現れる人が多くなります。 月経前がつらい


やる気が出ない

 40代のAさん、(女性)です。朝起きられない、気力が湧かず予定をキャンセルしてしまうほど外に出るのもおっくう。月経不順があり、生理前頭痛も気になるなどの不定愁訴を感じていらっしゃいます。少し詳しくお聞きすると、お身内の心配や、常に気を張り詰めている様子が伺えました。 やる気が出ない


健康な月経周期

 相談にいらした30代の女性です。月経のたびにつらい痛みに悩まされ、仕事を休んだり、強い鎮痛剤を服用したりと、日常生活に支障をきたすほど。1年近く子宝が欲しいと励みましたが、妊娠に至りません。何か原因があるのではないかと検査を受けたところ、子宮内膜ポリープが見つかり、さらに詳しい検査が必要とのことでした。基礎体温は波があり、毎日変動。排卵が早く、高温期が短い。周期も不安定です。排卵期前に不正出血があったりと、気になる点も目立ちます。ご本人もこれらを気にしており、根本の体質改善が必要ではないかとお考えでした。 健康な月経周期


過多月経の不安

 月経血がだらだら1、2週間も続いてしまう、月経血の量が多くて動けないほどつらい・・・。毎回このような月経周期を迎える不安は深刻です。この「過多月経」は、子宮筋腫、子宮内膜症、また何らかの理由でホルモン剤を飲んでいる方に多く見られます。学生や若い女性に多いのは生活のリズムや生活環境の乱れに原因があるケースで、過労や頭の使い過ぎ、睡眠不足などによって体のエネルギーである気が消耗された場合に、起こりやすくなります。出血が多いことから体内の血が薄くなり、だるい、力がない、集中力に欠ける、貧血などの症状も現れます。 過多月経の不安


不正出血、過多月経

 月経が終わったと思ったら2週間もしないうちに、また月経が始まってしまう。それが月経なのか不正出血なのかはっきりしない。月経血がだらだら1、2週間も続いてしまう。月経血の量が多くて、月経中は動けないほどつらい――など、健康な月経周期を迎えられずに悩んでいる方は、意外にも多いようです。 不正出血、過多月経


生理痛はサイン

 月経のたびにやってくるつらい痛み。月経痛のために学校や仕事を休まなくてはならないなど、日常生活に支障をきたすほど重い症状を持つ若い女性が増えています。月経のたびに鎮痛剤を服用してガマンしている方、ホルモン療法で痛みがなくなったと安心している方もおられますが、この方法は、「つらいから」という状態への対処法であり、将来、子宮筋腫や内膜症、あるいは不妊症の原因にもなりかねません。 生理痛はサイン


生理痛が楽に

 20代のCさんは、月経時の下腹痛、頭痛がつらく、鎮痛剤を常用量限度まで服用しても、仕事を続けられないほどでした。また、処方されたホルモン剤を長期服用していましたが、改善する様子もなく、ますます不安を覚えます。月経周期は一定せず、経血量はだんだん少なくなっていました。月経は痛みがないのが正常なのですが、鎮痛剤で毎回その場をしのいでいる方も少なくありません。では、なぜ月経痛が起こるのでしょう。 生理痛が楽に


子宮筋腫

 40歳のAさんは、月経がだらだらと続き、周期も不安定だったため、検査をしたところ、子宮筋腫であることが判明。あわててご相談にみえました。また、30代のBさんは、筋腫があることは自覚していましたが、症状がまったくなかったので、そのまま経過。昨年の検診で4cmと倍の大きさになっていることが分かりました。 子宮筋腫


環境の変化と生理不順

 20歳の娘さんです。海外へ1年間留学して帰国。その後現在まで何ヶ月も生理がないといいます。もともと生理不順でしたが、留学した途端、生理がすっかり止まってしまいました。体はきゃしゃで、顔色はあまりよくありません。お母様も心配して、病院で検査を受けさせましたが、思わしくありません。 環境の変化と生理不順


次のページ »