バルトリン腺炎発症

症状を感じるようになって、当店にいらっしゃるまでの経過は?

初めは痛みを感じて、しこりを感じる様になってそれが徐々に大きくなり、痛みで何をしても辛くなってきました。連休中だったので、休みで診てくれる女性クリニックを受診。激痛に耐え、膿を出してもらいました。後日に海外旅行が控えていることを話すと、すぐに手術するように勧められました。デメリットについて聞きましたが、「特にない」と、他の手術経験者の話も聞き、一度は翌日の手術の予約を取りました。その後、やはり心配になり、インターネットで後遺症や手術のリスクを調べたところ、こだいらさんのホームページに行き着きました。翌日の手術をキャンセルし、遠方だったため、営業日に電話で相談させていただきました。

現在のご様子・改善された症状は?

発症から2ヶ月経ち、今では漢方の数も減り、痛みやしこりもありません。漢方を飲みながら海外や他の土地に旅をすることができて、本当に感謝しています。途中しこりが大きくなったように感じましたが、漢方の量や回数を調整し、すぐに改善しました。

私の無茶な相談にも温かく対応してくださって、大塚先生の優しくもハッキリ言ってくださる人柄には、大変助けていただきました。本当にありがとうございました。これからも自分の体調と向き合いながら過ごしていきます。

こだいら漢方堂より

この方は、病院で穿刺をした後漢方を飲んでいただきましたが、飲み始めてすぐ排膿が始まり、3日後に自壊しました。飲み始めて1週間後には、しこりが大豆から枝豆程まで小さくなり、『この状態だったら漢方を飲みながら海外旅行は大丈夫か?』の問いに、ここまで治っているので安心して行けるでしょう」とお答えしました。この疾患を持っている方が、海外で再発してとても辛い状態だった経験談を、何人もの方からお話しいただいているのでその話をして、不安な時はいつでも連絡をいただけるよう、メールでお応えするようにしました。悪化することなくほぼ治癒して過ごせているのは嬉しいことです。

日本中医薬研究会会員 日本不妊カウンセリング学会会員 こだいら漢方堂 大塚みどり

2018.03.14