子宮頸部異形成が漢方で良好に

30代の華奢で疲れやすく、冷え性の方です。バルトリン腺炎に初めてなってしまい、とても落胆されていたのですが、この方は子宮頸部異形成も一年前に告知されています。睡眠の質が悪く3時間ぐらいしか眠れていないそうです。

バルトリン腺疾患は必ずしも性交渉が原因とは考えませんが、子宮頸がんの原因は性交渉によってうつるHPV感染です。子宮頸がん検診細胞診でクラスⅢa以上になると異常所見部を組織診することになります。クラスⅢaは、日本母性保護産婦人科医会の分類では軽度異形成を想定する、悪性を少し疑う、となり、直ちに精密検査を実施することになります。

この方にはまず、バルトリン腺炎が自然に治癒しやすくなる方向で漢方を飲んでいただき、1ヵ月で落ち着いた頃から、そちらの漢方薬の量を減らし、シベリア霊芝※1(健康食品)を加えました。 霊芝を加えて3ヵ月後、頚がん組織診の検査結果は、クラスⅡに(異常細胞を認めるが良性である)に変わっていたそうです。そのまた3ヵ月後の検査結果もその変化はありませんでした。ドクターは不思議そうにしていたそうです。漢方を飲み始めて一年になりますが、子宮頸部の異常所見はなく、バルトリン腺の症状もありません。

40代の方もバルトリン腺膿瘍に長年悩まされ、子宮頸部の異形成も見つかりました。とてもお忙しい方で、免疫機能が相当下がっていると考えられます。

まず、バルトリン腺膿瘍の再発を防ぐ方向で漢方を飲んでいただき、落ち着いたところでシベリア霊芝に切り替え続けていただきました。中度異形成(扁平上皮化生)3ヶ月後、半年後の経過は良好で、まだ一年経過していませんが異形成は正常に戻りました。

※1 シベリア霊芝はロシアのシベリア地方に生育するキノコで、生きている白樺の樹皮の下で成長し、その貴重な菌糸は生きている白樺にしか寄生しません。ロシアの医科大学ではがん患者に使用して、症状の改善と生存期間の延長が見られました。シベリア霊芝の免疫増強作用と抗がん活性は広島大学医学部での薬理研究で確認され、その内容は2001年の日本薬学会発表されて注目を浴びました。

日本中医薬研究会会員 日本不妊カウンセリング学会会員 こだいら漢方堂 大塚みどり

2019.03.26