テニス肘(外側上顆炎)にも漢方の効果が!

症状を感じるようになって、当店にいらっしゃるまでの経過は?

古希を過ぎたころから体の節々が痛み、特に右腕に痛みが走りピリピリと痺れる感じでした。次第に手首と肘に力が入らず日常生活に支障が出るようになり、ペットボトルの蓋を開けること、タオルを絞る等が出来ずつらい日々が続きました。我慢できず整形外科で診てもらったところテニス肘(テニス経験なし)と言われ、これは加齢に因るもので治りませんと言われました。取りあえず湿布をしていましたが全く痛みは消えませんでした。

当店をお知りになったきっかけは?

よく覚えていないのですが、日常的なつらさに藁をもすがる思いでたまたま歯医者さんの帰りにお店が目にとまり飛び込んだ次第です。

現在のご様子・改善された症状は?

こだいら漢方堂の先生に症状を訴えると、それは血流が悪いからと言われ独歩顆粒をすすめられました。その時は藁をもすがる思いと半信半疑の思いで服薬を始めました。二カ月経過したあたりでピリピリ感が和らぎ、物を掴む動作にも少しずつ力が入り、その後はタオルもしっかり絞れるようになりました。これには本当に感激しました。もう諦めかけていただけに今は日常生活を不自由なく出来ることに感謝しております。

こだいら漢方堂より

不安なご様子でご相談にお見えになりましたが、良くなって本当に良かったですね。
(テニス肘は「外側上顆」という骨のでっぱりのところに異状な血管が増えてしまうことだと考えられています。)

日本中医薬研究会会員 日本不妊カウンセリング学会会員 こだいら漢方堂 大塚みどり

2021.04.07