バルトリン腺 過去の辛い思いが・・・

症状を感じるようになって、当店にいらっしゃるまでの経過は?

10年位前にバルトリンが腫れて病院で診てもらいました。
その時は薬と洗浄で治ったのですが、その後何回も腫れて、その後に穿刺してもらいました。ですが、繰り返しバルトリンは腫れていました。あまりにも繰り返すので、病院で穴を開ける造袋術をしてもらいました。ホッとしたのもつかの間、今度は反対側が腫れてしまいました。病院で診てもらっても「完治する方法は手術しかない」と言われ、手術が嫌なのと、仕事が忙しくそのまま放置していました。放置していたら嚢胞は大きくなっていきました。そこからまた細菌に感染したのでしょうか、みるみる腫れて、鶏の卵大にはなっていたと思います。その時は痛くて痛くて椅子にも座れない状態でした。ここまできたらもう手術しかありません。手術して完治をと思いきや、また腫れて、この時は「なんで私ばっかりこんな辛い思いをするんだろう」と負のループでした。1番最初に腫れた時から約16年は経っていました。病院の先生に「自然に嚢胞は出て治りますか?」と聞いても「治りません」の一言でした。この時は奇跡が起きない限り治らないのだと思っていました。

当店をお知りになったきっかけは?

ネットで「お客様の声」を読んで、漢方に賭けてみようと思い電話しました。
以前から漢方にはとても興味があったので迷いはありませんでした。

現在のご様子・改善された症状は?

漢方を飲み始めて直ぐに効果が現れました。腫れた中に溜まっていた膿が出始めて、それが何日も続きました。その次に停留していた膿がどんどん出ていきます。医者に、自然に膿は出ないと言われていたのにです。今までの辛い気持ちやモヤモヤも治り、この世の全てに感謝をしたい位に嬉しくなりました。バルトリンの病気は漢方で治ります。大塚先生の調合は本当に素晴らしいです。医者でも中々治せないこの病気を治してしまう大塚先生は、大げさではなく 神様に選ばれた方だと思っています。疲れた時に再発しても、漢方を飲むと嘘の様に治ってしまいます。いつも迅速に、そして親身になって下さる大塚先生には本当に感謝しています。ありがとうございます。奇跡の様な出来事です。過去の私のように辛い思いをしている方が先生に出会い、1人でも多く救われる事を心から願っています。

こだいら漢方堂より

過分なご感想をいただきまして、ありがとうございます。
4年前からのご縁で健康に関する他のご相談も引き続きいいただいております。
これからも末永く健康のお手伝いをさせていただきたいと願っております。

日本中医薬研究会会員 日本不妊カウンセリング学会会員 こだいら漢方堂 大塚みどり

2018.06.15